語学力を身につける

女性作業員

細かい表現に注意

海外へ赴任する場合や、外国との取引が頻繁に発生する場合など、仕事で英語を使う機会は今後ますます増えていくと考えられます。日常会話程度なら無難にこなせる方でも、ビジネス英語となると自信が持てないかもしれません。英語はフレンドリーな言葉というイメージを抱きがちですが、ビジネス英語には独特の堅い言い回しがあり、あまり馴れ馴れしい表現を使うと失礼にあたることもあります。貿易や金融に関連する専門用語を覚えるだけでなく、敬語の表現方法やビジネス特有の略語なども習得しておくことが、スムーズな交渉のためには欠かせません。習得のために英会話スクールを選ぶ際には、ビジネス英語にきっちりと対応しているか確認することが大切です。ネイティブスピーカーが講師を務めている英会話スクールは、今では珍しくもありませんが、そのすべてがビジネス英語に精通しているとは限りません。ブロークンな英語を覚えてしまうと、後々困る可能性もあるので注意しましょう。特に長期滞在の予定があったり、末永く取引したい相手と交渉したりする場合には、正確で綺麗なビジネス英語を使う必要があります。とはいえパターンさえ覚えてしまえば応用がきくので、それほど難しく考えることはありません。英会話スクール以外には、オンライン英会話やアプリを使うという学習方法もあります。これらはビジネスに対応していない場合も多いので要注意ですが、手軽で費用もかからない点がメリットです。